ポケモンGoはアメリカのスパイアプリか?

2016/08/24

もはや社会現象となっているポケモンGO

1

水道橋博士がやく氏へ「心の底から侮蔑します」 デイリースポーツ 7月27日(水)

最近、夜の割には公園にやけに人がたむろう姿を目にしないだろうか。

ポケモンGOをプレイする人々である。

配信以来毎日のように報道がなされるポケモンGOは、もはや社会現象だ。

歩きスマフォによる事故等が問題視される一方、観光名所にスポットライトがあてられ経済効果がみられるなど、賛否両論である。

こちらの記事にある通り、文化人達からも様々な声が出ている。

だがこのポケモンGOが、アメリカの情報機関の策略に基づいて開発されたとも言われているのだ。

CIAから出資されたポケモンGO

2

「ポケモンGO」は“全人類奴隷化”に向けての監視装置である可能性が浮上! すべての情報はCIAに送られている!?(TOCANA)

情報源が、オカルト、陰謀論チックのニュースサイトではあるが、こちらのページによるとポケモンGOはCIAの出資によって開発されたというのだ。

ポケモンGOを開発したのは、Niantic社のジョン・ハンケと言う。

ジョン・ハンケ氏は、Googleマップ&アースの開発に大きく寄与したkeyhole社という会社の創業メンバーの1人であった。

keyhole社は創業時にIn-Q-Tel社という会社から資本提供を受けていた。

そしてこのIn-Q-Tel社は、NGA(アメリカ国家地球空間情報局、National Geospatial-Intelligence Agency)から資金提供を受けて立ち上げられたITベンチャーであった。

NGAはCIAと深い結びつきがある情報機関というのである。

つまり、ポケモンGO→Niantic社→ジョン・ハンケ→keyhole社→In-Q-Tel社→NGA→CIAという結びつきである。

一体どこまでが事実かは明らかではないが、軍事大国のアメリカのことだから大いに考えられる。

逆の立場で考えるとわかる、中国の映像を見れたら良い日本

3

このポケモンGOは常にGPSで位置情報を発信し、カメラ機能を使いながらプレイされる。

ゲーム中は特定の地点にゲームの目標となるターゲットを指定することもできるので、必然的にプレイヤーを誘導することもできる。

従って、プレイヤーの位置情報だけでなく、より詳細な特定の場所の光景を把握することができる。

例えば、軍事施設や原発などのエネルギー関連施設の外観だけでも、プレイヤーを通じて情報を得ることができる。

日本にはこのような情報収集能力がないからピンとこないだろうが、もしポケモンGOのようなソフトを日本が開発して、中国のユーザーがたくさんいたとしよう。

本来であれば仮想敵国である日本人が、軍事施設やエネルギー関連施設に行こうものなら必ずあやしまれてしまう。

かといって、日本から諜報活動家を送り込むとコストとリスクがかかってしまう。

独裁国家の中国ならなおさらである。

だが社会現象として中国人を動かし、大挙しておしかけてきたとしたら、当局も手をわずらう。

例え外観だけでも、安全地帯から映像データを得られれば良い。

また、光景だけでなくカメラ機能からプレイヤーの人間関係といった情報も明らかになってくる。

現代の情報社会においては、少しずつの手がかりから、情報の核心に迫ることができる。

現にアメリカ発のFacebookによって、日本のユーザーである庶民から政治家にいたるまで、対人関係がすでに特定されているであろう。

外交交渉においては相手の情報を握っているかどうかで、かけひきは大きな違いとなる。

それは日本自身が他国から情報がつつぬけで、交渉時に強く出られない現状からも明らかだ。

日本が中国の情報を握る事ができれば、臆せず通すべき主張を通すことができる。

だから、情報戦を怠らない「普通の国」であれば、人々が楽しむ娯楽に軍事的・政治的利用を行うことは当たり前なのである。

日本も情報戦の渦中にいる

4

保守層が警鐘を度々ならす、韓国製のLINEもそれに当たるであろうが、日本も同様に情報収集を目的とした一般ソフトを開発してもいいのではないか。

もともとポケモンは任天堂が開発した日本のゲームである。

これだけ世界中に日本のアニメや漫画やゲームが普及しているのだ。

韓国では、日本で放送されたアニメの最新話が、数時間後には翻訳されて放映されるほど、日本のアニメが人気である。

反日国でさえ日本のサブカルチャーは受け入れられているのだから、仮想敵国を対象に、情報取集をできる手段は大いにあるのではないか。

これまで情報戦で負け続けてきた日本が、同じテーブルに立つためには、これぐらいの事はやれないだろうか。

↓↓↓クリックをお願いします

政治 ブログランキングへ

-国防, 外交